過払い金請求の流れ

近年は、テレビなどで過払い金請求をしませんか?というCMをよく目にしますが、他人ごとだと思ってはいませんか?過払い金請求は誰でも請求できるお金であり、もしかすると、あなたもその対象かもしれません。
過払い金の時効は10年と決められていますので、過去に利用したキャッシングも対象になりますので、もう一度よく思い出してみましょう。

過払い金はどうしても発生するのかというと、それはほとんどの金融会社が出資法という法律に基づいて金利を設定していることに原因があります。
本来なら、キャッシングなどの金利は利息制限法に基づいて設定しなければならないことになっているからです。
利息制限法では、10万円未満の借金の場合は上限が20%、10万円以上100万円までは18%、100万以上なら15%というふうに金利が制限されていますが、出資法では上限が29.2%ですから、約10%も多くの金利を支払っていることができます。
その払い過ぎている部分が過払い金です。

本来なら利息制限法を守らなければならないのに、守っていないわけですから、過払い金請求は正当な請求です。
金融会社はその請求に応じなければなりません。
まずは、金融会社に借金の履歴の開示を要求し、それを元に利息制限法に従って計算し直して、過払い金を請求するというのが過払い金請求の流れです。
当サイトでは、どのようにして過払い金請求を進めていけば良いのか、その方法について説明しています。
過払い金請求を検討中の方は、是非、参考にしてください。



▽注目サイト▽
誰でも請求できる過払い金の請求代行を行ってくれる法律事務所です・・・過払い